私立アメコミ高校

アメコミに関する様々な授業をしていきます

【テスト⑰-A】アベンジャーズ:エンドゲーム大予習!!

こんにちは!先日遂に大学を卒業しました!ワキリントです!!

 

つまりは4年間アメコミ好きでいたということですね!いやはや月日が流れることのなんと早い事か。皆さんには「卒業おめでとう、ブラブラブラ」祝ってるんだか祝ってないんだか分かんない祝辞を述べていただけるとワタクシ非常に喜びます。

 

しかしそんな喜びに浸るのも束の間。今回行う授業は全世界が釘付けの「あの映画」でございます!!

f:id:AmeComiHighschool:20190416133105j:image

アベンジャーズ:エンドゲーム』じゃあ!!イエッサー!!!

 

いやぁとうとう近づいてきましたねこの日が。ちょっとやそっとの授業じゃあこのテストはクリアできません。

 

こんなテストからMCUに入ろうとする命知らずな方々のために、雨が続いてカミナリ鳴って山が火を噴き海が荒れても!バッチリ予習をしていきたいと思いますよー!!頑張っちゃうもんねー!!!

 

そういえばまた不思議な空間に来ていますね…この前も直前に銃声のようなものを耳にした気がしますが、まぁ気にしないこととしましょう…ってあら!?!?まさかあそこにいらっしゃるのは!?!?

 

最強の魔術師ドクター・ストレンジ先生ではありませんか!!

f:id:AmeComiHighschool:20190416133940j:image

ドクター・ストレンジ先生(以下、ド):やあワキ君久しぶりじゃないか。卒業おめでとうブラブラブラ。再会を喜びたいところではあるんだが、今それどころじゃなくってね。

 

ワキ(以下、ワ):あ、ありがとうございます。それにしても先生、一体何をしてらっしゃるんですか?

 

ド:ほら、私は前作『インフィニティ・ウォー』で、ここの番長サノス君と戦う際に分岐する1400万605通りの中から唯一の勝つルートを見つけただろ?

f:id:AmeComiHighschool:20190416133124j:image

 ケツアゴ紫ゴリラことサノス君。懲りもせずに今作のメインヴィランとなります。

 

ワ:あ!そういうことか!つまり先生はここで、その勝利ルートをアベンジャーズのメンバーがキチンと辿れているのかを見守っているんですね!!

 

ド:その通り。仲間が大幅に減ってしまい、残ったものたちにも喪失感が拭えない。まさにここが正念場なんだ。

 

ワ:確かに…ここからどうにかして立ち上がらないと仲間たちの無念も晴らせませんもんね!!頑張ってもらわないと!気になるんでぼくも一緒に見守ってもいいですか?

 

ド:ああ構わないよ。ただ気をつけてくれ。今私が見守っていた世界は実際に進んでいる世界かどうか定かではない。

 

ワ:なんですって!?一体ぜんたいどうしたんですか?

 

ド:それはこの世界を作り上げた兄弟監督のルッソさん

 

ワ:まぁぁぁぁぁぁぁぁたアイツらかコンチクショーが!!!!!!!

f:id:AmeComiHighschool:20190416134056j:image

前作に引き続きメガホンを取るルッソ監督。本編にない映像を予告編で垂れ流すのでワキリント氏は甚大な被害を被っています。

 

宇宙のようす

ワ:さて、まずはMCUの礎を築いたアイアンマン先生=トニー・スタークさんがどうなっているのかを見てみましょうか!

 

ド:私が持っていたタイム・ストーンを巡っての戦いを惑星タイタンで終えた彼は、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの使っていた宇宙船ベネター号で宇宙を漂流しているようだな。

f:id:AmeComiHighschool:20190416133150j:image

ワ:ひどく憔悴しきっているようですね…しかも宇宙に取り残されているとなると、地球に残してきた恋人のペッパーさんをはじめとした、ヒーローとなって守りたかった大切な人々がどうなっているのか、気がかりでないでしょう…!

 

ド:だからこそ、だ。彼は洞窟の中でアイアンマンスーツとその動力源を作り上げた天才だ。今回もその不屈の精神で、必ず地球へ帰還してくれると信じている。

 

ワ:もしくは万策尽き果て死を待っていたトニーさんの前にキャプテン・マーベル先生が現れ…

 

あ、勝ったやん。

 

ド:おい、それを言うなワキ君。それは言わない約束だろうワキ君。彼女は手からビームは出るしとてもタフだから、サノス君なんてお茶の子さいさいだろう。そこを考慮しない製作陣じゃないぞ。だからこそ毒とか盛られて弱体化するんだ、多分。そうじゃないと独壇場だからな。

 

ワ:天才の名をほしいままにしたスーパードクターの発言とは思えないくらいテキトーな予想ですね。

 

ド:まぁ、ルッソ監督だからな。時には諦めも肝心だろ?

 

ワ:悟ってんなぁ〜

 

地球のようす

ワ:お次はワカンダでサノス君の軍勢と戦い、ボロボロになったアベンジャーズの面々。

 

ド:キャプテン・アメリカ先生ソー先生はどうやら立ち直れてないみたいだな。チームを率いているにも関わらず、自分が生き残ったことに対する悔いのようなものだろうか?

f:id:AmeComiHighschool:20190416133802j:image

泣いてるけどそんなことより髭を剃ったことに注目してしまう先生 

f:id:AmeComiHighschool:20190416133812j:image

ふさぎこんでる感じがエグい先生。『バトルロイヤル』の勢いは何処へやら。 

 

ワ:そんな二人とは対照的とも言えるのがブラック・ウィドウ先生ハルク先生ホークアイ先生でしょうか?自分の力の限り足掻いている…そんな印象を感じますね。

f:id:AmeComiHighschool:20190416133841j:image

 

ド:ホークアイ先生なんてローニンと名前を変えてまで悪を撲滅しようとしてるからな。いかついタトゥーまで入れてるし。

f:id:AmeComiHighschool:20190416133322j:image

ワ:先生、もしかして家族が犠牲になってしまったんじゃないでしょうか…?そう考えるとこの豹変ぶりも納得がいくかも。

 

ド:それに加えて気になるのがブラック・ウィドウ先生の髪の色だよ。前作では金髪で、予告の中ではそのままだったり、元の赤毛に戻っていたり、金髪が伸びて赤毛を覗かせていたりと様々だ。かといってこれが時系列に当てはまるのかと言われると違うような気もする。何かストーリーを読み解く鍵になるんだろうか。

f:id:AmeComiHighschool:20190416133832j:image

悲壮感のせいで若干老けて見える先生。 

 

ワ:ぼくはハルク先生の気持ちが謎ですね。サノス君に恐れをなしたのか、それとも反抗期なのか、バナーさんの呼びかけにも応じず、大暴れも観れなかった。フラストレーション溜まりまくりですよ!!

f:id:AmeComiHighschool:20190416133339j:image

 ハルクになれず、その上行方不明の仲間も多い。こりゃ参った状態の先生

 

今週じゃないよ

ド:さて、もっとこの世界の行く末を見たいんだが、現時点ではこれが精一杯だ。長い間MCUを追いかけ続けた諸君なら分かっていると思うが、『アベンジャーズ』で団結した初期メンバーの6人、つまりは11年に及ぶMCUの歴史を繋ぐための基礎を作り上げた6人が生き残っている

 

ワ:『シビル・ウォー:キャプテン・アメリカで崩壊状態になったアベンジャーズ…その始まりとなった彼らが再び手を取り合い、立ち向かうことを決意する!!それが1400万605通りの中から先生が見つけた勝利への道に必要なことだったのでは!?

f:id:AmeComiHighschool:20190416134458j:image

また観たいよ。彼らが集まったところを。 

 

ド:さぁ、どうだろうなぁ…

 

ワ:うわっ!肝心なところはぐらかすやん!!このイジわるっ!!

 

ド:なんとでも言いたまえ。そうだ、言い忘れてたが君はこんなところにいるべきじゃあない。早く元の世界に戻るべきだ。

 

ワ:え?元の世界??戻る??先生、急にどうしたんですか?

 

ド:君は今週末に公開を控えた『シャザム!』を観に行かなければいけない。アメコミ好きとしてね。それを観終わったら、来週末に待ち構える最大の戦いに備えるといい。

 

ワ:えっ!エンドゲーム、今週じゃないの!?!?!?ヤダヤダヤダヤダ!!っていうか今週はどっちかって言うと『シャザム!』の公開よりTHE YELLOW MONKEYの新アルバム『9999』の発売の方が楽しみで…

 

ド:つべこべ言うのは嫌いでね…

 

ジジジジジジジ…

 

バシュン!!

 

ワ:うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…

 

ド:さて、少々手荒だがワキ君には私の魔術で元の世界に戻ってもらった。諸君も待ちきれないというところだろうが、もうしばらくの辛抱だ。

 

思えば一年前、サノス君の歪んだ信念のために数々の生命が失われた。そしてその喪失感、絶望、悲しみを抱きながらも耐え抜き、今作でようやく「報復(=Avenge)」の時がやってくるわけだ。

 

サノス君が味わうのはアベンジャーズのメンバーだけじゃあない。11年の歴史を刻み、共に戦って語り継いできた、MCUを愛する全ての人々からの報復の拳だ。正義の鉄槌だ。愛の力だ。

 

それじゃあ諸君にも、元いた世界へ戻ってもらうとするかな。

 

ジジジジジジジジ…

 

バシュン!!

【テスト⑯-A】シャザム!大予習!!

こんにちは!!先日人生初の「バズり」を経験しました!どうもワキリントです!!

 

何の気なしにツイートしたらあれよあれよという間にいいねとリツイートの嵐ですよ。ぶっちゃけ引きました

 

これは閲覧数にも貢献したんじゃないか?と思って調べてみたんですけどね、なんのことはない、いつも通りの日常がそこにはありました。

 

興味、持てや!!!

 

とはいえそんなバズりを経験してから初めての授業となる今回。ここは一つ、バズりを生み出したと言っても過言ではないぼくの天才的な文章力で以て新作テストの予習をしてい

 

バァン!!!!!

 

ドサッ

 

デッドプール:調子乗ってんじゃねぇこのファッキンツイッタラーが!!!!

 

なに有名人気取ってやがんだコイツ。ネットの世界でちょっと界隈の共感を得たところでテメェの人格まで気になるような聖人がいるわけねーだろ頭イカれてんのか!?とんだ野郎だな。

 

んん?誰かに見られてんなと思ったらお前らか。お前らみたいな奴らがいるからコイツみたいな勘違いバカが出てくるんだよ。勘弁してくれ。弾が何発あっても足りねーよ。

 

ところでお前ら、「なんでこのタイミングで俺ちゃんが出てきたんだろう?」って思ってるんじゃないか?それもごもっともだ。なんてったって今回のテスト『シャザム!』は俺ちゃんとは歯に挟まったクラッカーのカスほどの関係性もねぇからな。

 

f:id:AmeComiHighschool:20190409151921j:image

サラッと今回のテスト紹介したった。だって関係ないもん。

 

とはいえ紹介役は安心しろ!前回俺ちゃんが出てきたときみたいにはならねぇから!

 

まぁでも、正直興味がねぇ雰囲気はポロリするかもしれん。先に謝っとくわ。ごめりんちょ♡

 

シャザムってナニモノ??

今回のヒーローはやや特殊だ。あんなガチムチ♡な体格をしているが中身はなんとガキンチョらしい。

f:id:AmeComiHighschool:20190409152023j:image

 

日本ではこんな特徴を受けて「逆コナン」なんて謳い文句で宣伝しているんだ。ふーん。

 

胡散臭い魔術師から力を授かったガキンチョが「シャザム!」と叫ぶとシャザムになれる。日本でいうと「ガイアーーーーーー!」って叫ぶとガイアになれるウルトラマンガイアだな。随分と簡単な変身方法だこと。

 

ちなみにシャザム(SHAZAM)という名前だが、これはコイツが持つスーパーパワーを司るものの頭文字をとっているんだ。

 

サディストのS、変態のH、ア○ルのA、ザーm…おっといけない、コイツは俺ちゃんの好きなものの頭文字だった。アイツの親が見たら烈火の如く怒るんじゃねぇか?まぁ俺ちゃんにはダメージないからいっか。そろそろこのブログにも下ネタが必要な時期だったからな。

 

正直力の由来なんてどうでもいいだろ。とにかくシャザムは早いし強いしガチムチ♡なんだ。それだけ覚えて劇場に行けよ。前情報がないと映画の一つも観れないのか?

 

あらすじとキャラクター

よし。というわけであらすじだ。基本的にはオリジンストーリーになるのがアメコミ映画のセオリーだから、さっき話したくだりとヴィランとの戦い、挫折、仲間との絆、そして最終的に勝利だ。予想するのまでもねぇよ。

 

そんなこすり倒されたプロットに花を添えるのがキャラクターだわぁな。あと今の時代はCGだ。

 

まずは主人公のガキンチョ。孤児という悲しいバックグラウンドはあるものの、悪ガキなせいで多くの里親を転々としている自業自得キッズ、それがビリー・バットソンだ。

 

f:id:AmeComiHighschool:20190409152327j:image

左がいたずらっ子ビリーちゃん

 

悪ガキなビリーちゃんはある日地下鉄で見つけた遺跡の中で魔術師に美しい心を持っていると認められ、シャザムになれる力を手に入れる。おい魔術師、節穴にもほどがあるだろ。俺ちゃんを見逃すなんてよぉ。

 

f:id:AmeComiHighschool:20190409152100j:image

言われるがままに力を使うと全身タイツのファンドラルになったビリーちゃんは、親友のフレディちゃんと一緒に世界を守っていくことを決めた!!まず彼らが始めたことは!!

 

スマホの充電だ!!

 

マジでありがとうじゃん!!!!!

f:id:AmeComiHighschool:20190409152047j:image

 

そんなこんなで世界は救われましたとさ。ちゃんちゃん♪

 

ってそんなわけないよなぁ?ヒーロー映画にはヴィランがつきものだろ??どっかのファッキンムービーと違って今度はしっかりヒーローが主人公だしな。

 

f:id:AmeComiHighschool:20190409152125j:image

ってなことで今作のヴィラン死んだはずのキングスマンだ。多分あれだ。全世界のスマホの充電を奪っていくんだろ。コイツは超がつくほどの極悪人だわ。マジ処刑しよ。

 

俺ちゃんからの注意事項

さて、この辺で予習は終わりだな。見所は悪ノリ満載のストーリーらしいが俺ちゃんの映画に勝てる悪ノリヒーロー映画なんて出てこねぇからユーモアは諦めろ。

 

というかお前らアレだろ?正直この映画よりアベンジャーズの新作が楽しみで仕方ねぇんだろ?多分アイツもこの記事の閲覧数は諦めてるだろうな。なんせ俺ちゃんに記事任せるくらいだからな。俺ちゃんなんかフクザツな心境です。

 

ただこのブログの信念として、新作映画の予習を漏らすわけにはいかねぇ。お前らもこの映画をないがしろにするんじゃなくて、この映画をアベンジャーズとぶつけたDCコミックスの覚悟を劇場で目の当たりにしてくれ。

f:id:AmeComiHighschool:20190409152145j:image

 

ただこれだけは言わせてほしい。

 

吹き替え版は絶対に観るな。致死率100%の超ド級ファッキン地雷だ。

 

理由は各自調べるんだな。じゃ、あばよ。

【テスト⑮-B】キャプテン・マーベル大復習!!

こんにちは!!先日初めてオフ会的な映画好きのイベントに参加してみました。ワキリントです。初めましての方は以後お見知り置きを!!

 

アメコミ映画しか観てないのは果たして「映画好き」と呼べるのか??という自問自答を長く続けた結果、参加する勇気が出るまでに時間がかかってしまいました。

 

しかしいざ行ってみたら杞憂の極み。現代の映画界を反映するかの如く多様性を受け入れてくださいましてですね。正直SNSで繋がるとこまで打ち解けられるとは思っておりませんでした。本当にアリス。

 

さてそんな出来事があって以来初めての開校となる「私立アメコミ高校」。その内容はもちろん!!

 

f:id:AmeComiHighschool:20190319103509j:image

先日公開されたMCU最新作キャプテン・マーベルの復習だぁ!!

 

常に時代が求めるものを世に送り出してきたMCUが、満を持してお届けする女性主人公作品!!待っていましたと言わんばかりのテンションで観てまいりましたよー!

 

それでは復習していきたいと思います!!…あ、先にぼくの感想を伝えておきますね。

 

「おぉ?お、おぉん…あぁ…まぁ悪かねぇけどイマイチか…」です。オフ会で感想聞かれたときどないしようかめちゃんこ迷ったぁ〜。

 

アメコミ大好きのぼくがこんな気持ちになったのはなぜなのか、初めましての授業がこれはぼくもツラいのですが、よろしければついてきてくださいね。悲しみシェアしてこ。

 

あらすじとキャラクター

姿形や声色、ちょっと前までの記憶などを完璧にコピーする能力を使い、あらゆる惑星を襲うスクラル人。彼らの脅威から母星を守るため、クリー人は長い戦争状態にありました。

f:id:AmeComiHighschool:20190319103533j:image

栽培マン?知らないなぁ

 

本作の主人公、キャプテン・マーベル先生ことヴァースさんは、クリーの精鋭部隊スターフォースのメンバーとして、任務についていました。

f:id:AmeComiHighschool:20190319103644j:image

それぞれ卓越した能力を持つスターフォースの面々。よーく見ると『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にいたコラス君もいます。

 

彼女の能力は腕から放たれる超強力ビーム(フォトンブラスト)。しかし感情の抑制がうまくできないと暴発してしまう仕様のせいで、彼女の悩みの種となっている様子。

 

彼女を悩ませていたのはもう一つ。昔の記憶が失われてしまっていること、そして寝るときに見る夢。何度も何度も繰り返し見るその夢に疑問の尽きないヴァースさん

f:id:AmeComiHighschool:20190319103810j:image

彼女が打ち明けられるのは、強い戦士へと鍛え上げてきた司令官だけ。そうじゃなくてもジュード・ロウさんには何でも秘密打ち明けちゃいそうなのに(は?)。

 

「私は何者なのか?」その答えは意外にも、遠く離れた地球にありました…

 

あらすじはこの辺にしときましょう。本作はサスペンス色を押し出した作品になっているので、あまり多くを語れません。やりづらっ!!

 

先程もお伝えした通り、個人的な感想としては芳しくない本作ですが、それでも世紀の暴言吐きまくり回となった『ヴェノム』のようにヤツを登場させないのは、「ここは観る価値がある」という美点があったから。お次はそんな見どころを紹介します!

 

見どころ

さて、一つ目なんですが、これはもうオープニング以外ないでしょう。

 

愛とリスペクトに満ちた素晴らしいオープニングでした。なんなら一番涙腺刺激したわ!ふざけんな!用意してねーわ!

 

ぶっちゃけここが本作のハイライトと言ってもいい。

 

お次は舞台となる90年代のアメリカ。まさに古き良きアメリカ!という感じで、なぜか懐かしさを抱いてしまう。

f:id:AmeComiHighschool:20190319143134j:image

ええ疾走感だこと〜!

 

人物で言うと一介のS.H.I.E.L.D.エージェントとして、地球に現れた先生を調査することになった若かりし頃のニック・フューリーさんや、彼の相棒として任務につく新米エージェントのコールソンさん(おかえり!!)。彼らがどんな人物だったのか?というのもファンにとっては気になるところ!

f:id:AmeComiHighschool:20190319145309j:image

彼らのボスを演じるのがベン・メンデルソーンさん。本作でも名バイプレイヤー。

 

「そんなんでええの?」というフェミニズムにわかの戯言

以上で復習は終了です!たくさんの見どころもあり、オリジンものとしても、MCUの入り口としても素晴らしい作品です!

 

しかしわたくしワキリント、本作には腹に抱えているものがございまして、今回は誠に恐縮ながら発表させていただければと思います。

 

まずはサスペンスとしての完成度の低さ

 

前述の通りヴィランとなるスクラル人は変身能力持ち。否が応にも「コイツはスクラル人?それとも仲良いアイツ?」というサスペンスがキモになってくるワケです。

f:id:AmeComiHighschool:20190319162434j:image

それが成立するには「いつ、どこで、どいつに変身したのか」という場面が必要ではないかと思うんですが、本作ではいつの間にか変身しちゃってるので変身サスペンスが全く活きていません。

 

メリハリがないといいますか、ユターっと話が進んでったらいつの間にか先生が勝ってたみたいな、そんな緊張感のない内容にフォトンブラスト。

 

もう一つのサスペンスである「私は一体何者?」サスペンス。これがもう…

 

すっごいのどか。安らいじゃう。

 

続いてはアクション。90年代が舞台だからなのか、全体的に緩慢なアクションで洗練されていないような印象を受けました。

 

まさか自分でこんなことを言うとは思っても見ませんでしたが、アクションの撮り方に関して言えばルッソ監督の方が上手いな、と感じてしまいました。

 

主演のブリー・ラーソンさんは本作のためにめちゃくちゃトレーニングを積んだとのことですが、先生の強さがいまいち伝わりづらいスピード感のアクションになっちゃってました。

 

空を飛ぶシーンも『アイアンマン』シリーズに軍配が上がっています。広がる青空とブリー・ラーソンさんの凛とした表情を撮れる絶好のチャンスを邪魔するCGヘルメット

f:id:AmeComiHighschool:20190319162746j:image

表情が分かりづらいのは致命的だったなぁ…

 

更に圧倒的な前置き映画感。サスペンス(笑)という特性もあるのか、本作では「伏線を張っては回収、張っては回収」という事務的な流れが拭えませんでした。

 

それに加えてMCUの次回作が『アベンジャーズ:エンドゲーム』。それに向けての壮大な前フリを2時間近くやりました、みたいな印象が非常に残念です。

 

そして最後。ヤツを出さなかった最大の理由でもあるのが、先生を「理想の女性像」とは思えなかったからです。

 

言うまでもなく、MeToo運動が始まってからしばらく経った今この時期に、女性主人公を据えた作品を撮る、というのは何かしらの社会的意義を狙ってのことだとは思います。

 

SNSなどをやっていると放っておいても「フェミニズムとは云々かんぬん」という投稿を目にしますよね。フェミニズムが正確にどういった概念のことを言うのか?ぼくは未だに全容をつかめている気がしませんが、本作でこれまでそういった投稿を見てきて、分からないなりに感じていた「女性が目指す理想」「本来あるべき男女の関係性」などを答え合わせしているような気持ちで観ていました。

 

そこでぼくは「そんなんでええの?」となってしまったのです。

 

MARVELの中でも最強クラスの能力を持つキャプテン・マーベル先生。そんな彼女の「過去が分からない(=アイデンティティを確立できるものがない)」という特性を使って表現しようとしたのは分かるのですが…

 

ぼくはそこで「大丈夫?あなた方が目指してたのって、こういうやり方??」となってしまいました。

 

フェミニズムを高らかに語っていた人々が一番嫌うであろうやり方なのに、世間の評価は「そうそう!!こういうのだよ!!」みたいな所に矛盾を感じちゃってイマイチ乗り切れない。うーん、ぼく自身にフェミニズムを語る説得力と見識がないので説明ができない…くっそー…

 

なんだかんだ言いましたが本作は、ぼくみたいに多少フェミニズムに対する理解を深めたいと思っている人(もちろん、そういう人が正しく認識できているとは限りません。ぼくを含め)や、ではなくて、今まで女性に対して抑圧的な態度をとってきてその自覚すらなかったり、「女性主人公の映画あんま観たくないんだよね」とか抜かしたりする世のボンクラ共にこそ観てほしい。そして悔い改めろ。

 

そうだよそこのテメェのことだ!!!!!

 

すいません感情が昂ぶってしまいました。こういうところがまだまだ未熟な部分ですね。反省はしますが後悔はしません。

 

個人的には多少モヤモヤするけれど、世界中の抑圧されてきた人々のモヤモヤ、ガラスの天井をフォトンブラストでぶち抜く最強ヒーロー!!その勇姿をぜひスクリーンでご確認くださいませ!!それでは!!

f:id:AmeComiHighschool:20190319162558j:image

最後に殺伐としたフェミニズム談義を和ませるグースちゃんを。かわいい。

【テスト⑭-B】スパイダーマン:スパイダーバース大復習!!

こんにちは!人生で一番好きな食べ物は牡蠣。どうもワキリントです。

 

そもそも貝類全般が好きすぎるんですが、その中でも牡蠣は別格といいますか、ぶっちぎりの一位ですね。一歩間違えると死が待っているというスリルを抱えながら食べるというのもいい。愛を試されている。食の主従関係の逆転。牡蠣ほど真摯に「いただきます」を発する食材もありません。

 

さて前置きはこの辺にして、今回はスパイダーマン:スパイダーバース』を復習していきますよ!!

f:id:AmeComiHighschool:20190312125317j:image

もうすっごかったんだから!!

 

あらすじ

皆さんご存知、MARVELの有名キャラクターであるスパイダーマン。その正体であるピーター・パーカー君

 

放射線を浴びた蜘蛛に噛まれたことがキッカケで壁に張り付く能力や、危険を察知するスパイダー・センスを手に入れてからというもの、世界でたった一人のスパイダーマンとして、ピーター君は悪党だらけのニューヨークの街を守ってきました。

 

しかし宿敵キングピン君の手にかかり、悲劇の死を遂げてしまいます。

 

その現場を偶然目撃してしまったのが今作の主人公、マイルズ・モラレス君

 

奇妙な偶然でスパイダーマンの力を受け継いでしまったマイルズ君は、ピーター君がなくなる直前に2代目を託されました。

 

彼の初仕事はピーター君が志半ばで阻止しきれなかった、キングピン君の計画をぶっ潰すこと!!

 

大いなる責任すぎるわ!!!

 

昨日の今日でラスボス級の任務を仰せつかったものの、張り付きの能力をうまく使いこなせないせいで自信をなくしてしまうマイルズ君

 

そんな彼に現れた人物!!

 

別次元でスパイダーマンさんとして長年戦いに身を投じ、身体中がボロボロ、恋人との関係性もボロボロ、生活もボッロボロ…

f:id:AmeComiHighschool:20190312125344j:image

そんなピーター・パーカーさんとの出会いが、マイルズ君の運命を大きく変える!!

 

……こんな人で変わんの???

 

これだけじゃあございません。別次元からやって来たスパイダーマンはまさに現代社会を反映しているかのように多種多様です。

 

兎にも角にも、ピーターさんに振り回されながら、ピーター君の(ややこしい)意志を継ぐため必死についていくマイルズ君。

 

頑張れマイルズ君!!君にはたくさんの師匠がついてるぞー!!

 

見どころ

さぁ、あらすじを紹介した後は見どころにまいりましょう。

 

まずは何と言っても、コミックがそのままアニメーションになったかのような映像!!

f:id:AmeComiHighschool:20190312125406j:image

3Dで描かれた映像の上から手描きで加筆をすることによって生まれた「風合い」とでも言いましょうか、コミックのテイストが全く死んでない!!

 

擬音や心の声の描写もコミックそのまま。「映画を観てるんだけど、コミックも読んでる」みたいな気分になりました!!

 

f:id:AmeComiHighschool:20190312125448j:image

発色も色鮮やかなものから暗く落ち着いたものまで、とんでもない幅の広さ!たくさんの映画を一気に観れたような気分を味わえますよー!!

 

ストーリーで気になるのはたくさんのスパイダーマンの交流。

 

スパイダーマンは一人じゃない」ということに喜んでいるのは、スクリーンの前のぼくたちだけではないようです。

f:id:AmeComiHighschool:20190312125424j:image

それぞれの世界で孤独に戦ってきたスパイダーマン達。その重圧は計り知れません。だからこそ次元を超えて実現した出会いも、別れも、彼らにとって大きな意味を持ちます。

 

あなたも試されている 

さて、以上で復習は終わりです!

 

それぞれの次元でのスパイダーマンに大きな影響を与えた今回の事件。彼らのその先が気になっちゃうと思います。それだけ世界に広がりを感じた、そんな作品に仕上がっておりました!

 

ところで皆さん、本日はキャラクターを一人ずつ紹介するのを必要最低限に留めたんですが、お気づきになりましたでしょうか。

f:id:AmeComiHighschool:20190312131235j:image

「どれがなんてスパイダーマンやねん!教えろや!」と、思わず関西弁になっている方はですね、ぜひ今作の予習回をご覧になっていただければと思います。 その上で映画を観に行ってください。

 

はい。誠に恐縮ながらたった今、皆さんの愛を試しました。ごめんなさいね。

 

予習回は観なくてもいいので、ぜひとも映画をご覧になってくださいね!きっとこれまでのスパイダーマン君作品を観ていればいるほど、読んでいればいるほど楽しめる、そんな作品になっております!!

 

観れば愛が爆発すること間違いなし!そんなスリルと共に楽しんでくださいね!それでは!!

【テスト⑮-A】キャプテン・マーベル大予習!!

こんにちは!最近人生初の二日酔いをしました!!ワキリントです。

 

ウワサには聞いておりましたが、まさかあんなに具合が悪くなるとは。全てのやる気をなくす。歩みがおぼつかない。そんな中なぜかバイトをしていました。アホなんかワシは。

 

皆さんお酒は計画的に飲みましょうね。

 

そんなことはさておき、今回は先週に予告していた通り、キャプテン・マーベルの予習回をしていきますよー!!こういうのに関しては計画的なんだぼくは。

f:id:AmeComiHighschool:20190305124654j:image

DCコミックスの『ワンダーウーマン』から遅れること2年、遂にMCUから女性ヒーローが登場だァ!!

 

さぁ予習してまいりましょー!!!

 

そもそもキャプテン・マーベルってどんなヒーロー?

MCU21作目(多すぎるんじゃボケ)にして初登場となるキャプテン・マーベル先生

 

会社名でもある「MARVEL」をその名に冠す先生の登場がここまで遅くなったのはなぜでしょう??

 

答えはシンプルです。

 

超超超、超超超、超超超超超強いから。

 

まさにヒーローレボリューション21。

 

やっぱり最強って遅れて登場しないとじゃないですか。満を持してってヤツです。

 

彼女は飛行能力を持つ上、手からは強力ビームを発射。それを生身でやるというのですから、これはもうアーマーいらずのアイアンマン先生といったところでしょうか。いやむしろ科学の力で再現出来ているスタークさんの頭脳を賞賛するべき?

 

とにもかくにも、MARVELを背負うヒーロー名に偽りなし!そんな先生のオリジンが描かれるワケですねー!!これは気になる!

 

謎だらけのあらすじ

舞台は1990年代にまで遡ります。

 

とある街に墜落(!?)してきたのが、何を隠そう今作の主人公、キャプテン・マーベル先生

f:id:AmeComiHighschool:20190305151641j:image

さすが登場の仕方もぶっ飛んでらァな。

 

そんな事態に黙っちゃいないのが、MCUの凄腕組織であるS.H.I.E.L.D.の皆さん。

f:id:AmeComiHighschool:20190305151912j:image

その面々はやはり90年代といったところ。なんと!現在のS.H.I.E.L.D.長官であるニック・フューリーさんがまだ片目を失ってない状態で登場!

 

そんなわけでS.H.I.E.L.D.から「空から落ちてきたヤベー女」として保護(監視?)された先生。狼狽えるどころかこんなことを口走ります。

 

「私…この星に来たことがある」

 

どうやら先生、以前は地球で暮らしていたようですが、なんの因果か宇宙でスーパーパワーを手にしたようです。

 

一体先生の過去に何があったのか…

 

紐解くキャラクター

さて、こんなことを自分で言うのもアレですが、今回のあらすじ、マジで役に立ってないっすね

 

しかし「なんじゃそりゃ?」と頭を抱える内容は当たり前。なぜなら今作は、MCUの中でもサスペンスの側面を強調して描かれているそうなんです!

 

お話の中でアレとアレが繋がって、「うわぁーマジかそんなんなるん!?」とまぁこうなるわけだ(ならなかったらごめんなさい)!

 

今からそんなサスペンスの手がかりになるかもしれないキャラクター達を紹介していきます!

 

f:id:AmeComiHighschool:20190305152921j:image

まずは先生が地球にいた時代に仲良くしていたこの方。どうやら空軍に所属していたようです。となると先生も元はパイロット…?

 

ちなみに名前はマリア・ランボーさん。なんかすごい雄叫びあげそうな名前してらっしゃる。

 

f:id:AmeComiHighschool:20190305153323j:image

続いてこの方。調べたら名前が出てきました(当たり前や)。えーと、この方は…

 

スターフォースの司令官」だそうです。

 

はぁ??????

 

まさか名優ジュード・ロウさんにこんな名前もないような役をあてるとは。MARVELもえらい大きゅうなりましたのぉ!

 

逆に名前がない、ということがヒントになったりして…隠したくなるほど重要なキャラだったりして…アカン、また謎を呼んどる。渋滞すんぞ。

 

1つ分かったことは、先生は司令官の下で「スターフォース」という部隊に所属し、戦っていたということですね。

f:id:AmeComiHighschool:20190305153802j:image

となるとこのミン・エルバさんもその一員ということになるでしょう。しかしこの青い肌、どこかで見たような…はっ!

 

ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』(GotG)のヴィランロナン君も青い肌やった!

f:id:AmeComiHighschool:20190305154419j:image

なんと今作でまさかの再登場を果たすロナン君。どういう役割を果たすのか、気になりますね!

 

彼らはクリー人という種族であるということはGotGで分かっていますが、そんな彼らと敵対する種族こそ、今作のヴィランでもあるスクラル人

f:id:AmeComiHighschool:20190305202038p:image

能力はというと自在に姿形を変えられる変身能力。なるほど!誰が敵で味方か分からない!サスペンスぅ〜!

 

f:id:AmeComiHighschool:20190305154753j:image

あと猫のグースちゃん。かわいい

 

お待たせしました

さてさて、この辺でキャプテン・マーベルの予習はおしまい!ですが今週公開されるのは『スパイダーバース』なのでお間違えのないようにしてくださいね!!

 

……え?「お前何か忘れてないか」って?

 

ご安心ください全国のアメコミ映画ファンの皆さま。本校がを忘れるわけにはいきません。それでは参りましょう。皆さん歓声を浴びせる用意はよろしいでしょうか。

 

f:id:AmeComiHighschool:20190305155036j:image

S.H.I.E.L.D.の凄腕エージェントにしてぇ!アベンジャーズの影の立役者ァ!

 

エージェントォーーーっ!コォーーーーールソォーーーーーンヌ!ソォーンヌソォーンヌソォーンヌ

 

そうなんです!ファンから愛され続ける信頼と実績のエージェント・コールソンさんが、今作で久々のスクリーンカムバック!!こちらもフューリーさんと同様、S.H.I.E.L.D.の新米(まだ新米!)エージェントとして華を添えます!

 

……なんか喜びが強すぎて今作の主役が分からんようなってますね。でも!観れば主役は一目瞭然!MCUの新たなキャプテンがそこにいるはずだーー!!

 

公開は3月15日!要チェックだー!!それでは!

f:id:AmeComiHighschool:20190305155854j:image

崖っぽいところでサスペンスっぽい雰囲気を醸し出す先生。

【テスト⑭-A】スパイダーマン:スパイダーバース大予習!!

こんにちは!昨日はアカデミー賞が楽しくてしょうがなかったワキリントです。

 

今年は何と言っても『ブラックパンサー』!!衣装デザイン賞をはじめとした3部門を受賞しました。アメコミ映画がここまで権威ある賞で評価されるのは嬉しいこと限りなし!!

 

中でも作品賞は『グリーンブック』に軍配が上がったものの、アメコミ映画・ヒーロー映画でノミネートという、『ダークナイト』でも成し遂げられなかった史上初の快挙を成し遂げました!!

 

しかし今回の授業はまた別の快挙を成し遂げたこちらの作品を予習です!!

 

スパイダーマンシリーズで初オスカー!長編アニメーション賞をゲットした『スパイダーマン:スパイダーバース』だぁ!!

f:id:AmeComiHighschool:20190226151829j:image

本校でも初めてのアニメーション映画を取り上げる回になってますので、ちょっとウキウキしております!さぁいきましょう!

 

あらすじとキャラクター

突然ですが皆さん、スパイダーマンとしてニューヨークを守る青年といえば誰でしょう?そうですね?ピーター・パーカー君ですね??

 

彼の名前はもはや常識中の常識。しかしせっかく教えたこの知識、今作ではあまり意味をなさないかもしれません。

f:id:AmeComiHighschool:20190226151842j:image

だって彼、死んでますから。

 

彼はニューヨークで暴れまわるギャングの大ボス・キングピン君との戦いで命を落とし、既に帰らぬ人となっていました。

f:id:AmeComiHighschool:20190226151851j:image

見えてるとこほぼ全てが彼の体です。すごい猫背(ちがう)。

 

では今、ニューヨークを守る親愛なる隣人(こちらも常識的なスパイダーマン用語)はいなくなってしまったのでしょうか?

 

ご安心ください。スパイダーマン君はいます。だからUSJに行っても大丈夫です(は?)

 

現在2代目スパイダーマン君として戦っているのが今作の主人公、マイルズ・モラレス君です。先代から託された正義の力と責任に困惑し、自信のなさそうな様子。

f:id:AmeComiHighschool:20190226152504j:image

そんなマイルズ君の前に現れた冴えないおっさん。彼の名前は…

 

ピーター・パーカー!?!?なんやてぇ!?!?!?

f:id:AmeComiHighschool:20190226152515j:image

死んだはずのピーター君がなぜ現れたのでしょう?その謎を解き明かす鍵となるのが「マルチバース」という言葉です!

 

一旦「マルチバース」を知ろう

さて、あらすじはひとまず置いておきまして、今作のキーワードであります「マルチバース」をご紹介しましょう。

 

マルチバースというのは簡単に言うと複数のパラレルワールドが存在している世界のこと。一般人に置き換えて考えると、今この次元でのぼくは今こうしてブログを書いていますが、別の次元で暮らすぼくはコスプレ好きで、レイヤーとして被写体となることでアメコミを広げようとしているかもしれませんし、また別の次元では神絵師としてSNSにカッコいい絵を描いてバズっているかもしれません。そしてこの次元でブログを書いているのはぼくの妹かもしれません。

 

マルチバースで存在すると定義づけられる次元には限りがありませんが、先ほどの例を見てもわかるように、ぼくが「世間にアメコミを広めていこう」という意識で活動していることは変わりありません。

 

つまり「ぼくがアメコミ好きとなって世間に向けての伝道活動をする」、あるいは「ブログを書いて伝道活動をする存在が現れる」という運命はどの次元でも変わらない、ということになります。これはアメコミの世界で活躍する数々のヒーローでも同じこと。どんな境遇であっても、何かしらの形でヒーローはどの次元にも等しく存在するのです。

 

もうお分かりでしょう!!先ほどマイルズ君の前に現れたピーター君、彼は死の淵から蘇った訳ではなく、別の次元から現れた、「長いことスパイダーマン君として活躍しすぎておっさんになっちゃったピーター君」だったのです!!

 

しかしここでまた一つ問題が。いつもなら出会わないはずの二つの次元。これらはなぜ重なり合ってしまったのでしょう?ここであらすじに戻りましょうね。

 

おかえりあらすじとキャラクター

出会うはずのなかった二人のスパイダーマン君。その原因となったのは初代スパイダーマン君の仇であるキングピン君が関わっている様子。彼はとある目的のため、全ての次元を一つにまとめようと目論んでいました。なんで???

 

先ほども申し上げました通りどの次元にもヒーローがいる訳ですから、複数の次元を合体させちゃったら目的達成の障害も増えちゃうでしょうに。インテリ破壊王のキングピン君とは思えないテヘペロムーブです。

 

ほら言わんこっちゃねぇ!色んな次元の色んなスパイダーマン君が集まっちまったじゃねーか!

 

それでは紹介するぜ!マルチバースからやって来た、個性豊かなスパイダーマンの面々だ!!

f:id:AmeComiHighschool:20190226152012j:image

一人目!『アメスパ』シリーズでピーター君の彼女だったグウェン・ステイシーさんスパイダーマンになった、その名もスパイダーグウェンさん!!

 

f:id:AmeComiHighschool:20190226152551j:image

二人目!モノクロの世界からやって来た刑事風の渋い男、スパイダーマンノワール

 

f:id:AmeComiHighschool:20190226152020j:image

三人目!父から受け継いだロボットを操る、未来のヒーロー!ペニー・パーカーとスパイダードローン

 

f:id:AmeComiHighschool:20190226152642j:image

最後の四人目!!もはや人ですらねぇ!豚が能力を持ってしまったスパイダー・ハム!!以上だ!

 

こんだけ集まってどんな大暴れするんだろうな!!糸を飛ばしたり壁を這ったりと基本的な能力は同じだが、独自の戦い方同士が出会うことはいいコンビネーションになるか、それとも混ぜるな危険なのか!!これが今作の最大の見どころとなるでしょう!!

f:id:AmeComiHighschool:20190226152045j:image

 

ぼくたちは幸せな次元で暮らしている

さて、以上で予習はここまで!

 

長編アニメーション賞を受賞したことからも分かるように、海外では既に公開されている『スパイダーマン:スパイダーバース』。作品に箔がついたことで、日本での公開は大きな反響を呼ぶことになるでしょう!!

 

そんな今作は3月8日公開。…おや?予習するの、早くない?もしかして『ジャスティス・リーグ』の予習みたいに、楽しみすぎてまたフライングしてるんじゃ?

 

ご安心ください。楽しみではありますが冷静さを持って予習回やってます。

 

実はその次の週、3月15日はMCUの最新作『キャプテン・マーベル』の公開日。これまでのように予習→復習という流れでは、どうあがいても予習ができません。

 

なので今回からは予習→予習→復習→復習という流れで行なっていきます!変則的なカリキュラムとなってしまいましたが、続けてアメコミ映画が2作公開される、という素晴らしい次元で暮らしていることを噛み締めながら、次回の予習回をお待ちくださいませ!!それでは!!

f:id:AmeComiHighschool:20190226152103j:image

それまではずっと天井に張り付いといてもらいます。

【テスト⑬-B】アクアマン大復習!!

こんにちは!立春を過ぎたというのになんじゃこのクソみたいな寒さは。どうもワキリントです。

 

最近の寒さではこうして文章を書いているぼくの指も震えているわけですが、今回ばかりは寒さだけではないもので震えております。

 

というのもですね、私ワキリント、遂にやってしまいました。よりにもよって新作映画の情報をお伝えする先週の記事で。

 

そうです。伝える情報を間違えました。 

f:id:AmeComiHighschool:20190212101958j:image

アクアマン先生、ごめんなさい。土下座につぐ土下座。海があったら潜りたい。ぼくなんて結局、教師の器ではなかったのか…しょんぼり…

 

あえて前回の記事を修正することは致しません。今後の戒めとして残していく所存でございます。

 

「どこを間違えていたのか気になる」という方はぜひとも振り返ってください。そうすると閲覧数も稼げます(あっやべ本音出た)。

 

それでは参りましょう。密やかに『アクアマン』の復習です。

 

チャポン…

 

正しいあらすじとキャラクター紹介

ジャスティス・リーグ』での戦いで世界的に知られることになったものの、持ち前の気ままな性格と正義感で困っている人々を助けていたアクアマン先生

f:id:AmeComiHighschool:20190212102640j:image

人類と遥か昔に海底に沈んだ帝国「アトランティス」のハーフ、という複雑な出生故に、どちらにも疎外感を持っている先生。そんな気持ちを打ち明けられるのは父親だけ。

 

さて、一方のアトランティスでは、先生の異父兄弟であり、アトランティスの現国王でもあるオームさんが、海を汚し地球を殺す人類との全面戦争に向け、海の覇王=オーシャンマスターの称号を手に入れようと画策。

f:id:AmeComiHighschool:20190212103317j:image

 

そんなオームさんの暴論に、ついつい従ってしまうネレウスさん。 このままでは多くの命が犠牲になってしまいます。しかし王であるオームさんの権限は絶対。

f:id:AmeComiHighschool:20190212155930j:image

何も言えない(?)しょーもない立ち位置のネレウスさん。

 

ここで先生に助けを出すのが、ネレウスさんの娘であり、オームさんの許嫁であるメラさんです。

f:id:AmeComiHighschool:20190212160027j:image

水を操る能力持ちとか、海底人でもチートすぎん??

 

彼女はアトランティスの参謀である、ヴァルコさんの話す伝説に登場する三又の矛「トライデント」を先生に手に入れてもらい、オームさんの王座を奪うことで平和をもたらそうとしているのです。

f:id:AmeComiHighschool:20190212160211j:image

伝説には詳しいけど脚本の都合立場上トライデント探しの旅には同行できません。

 

しかし肝心の先生はというと消極的な様子。「おれは人間の血が混じってる。王の器ではない、ふさわしくない」というスタンスでメラさんのお願いを跳ね除けます。

 

おいおいこれじゃあ話が進まねーぜ!!

 

さぁみなさん、先週とどこが間違えてたかお気づきになりましたか??この記事のコンセプトが少しづつズレてきてますね。

 

 正しい見どころ

続いては『ダークナイト』を超えた空前の大ヒットを飛ばしている本作の見どころをご紹介しましょう!!

f:id:AmeComiHighschool:20190212162843j:image

前回でも言っていた通り、海中帝国アトランティスの街並みはまるでスターウォーズ エピソードⅡ』のような往来ラッセンが描いたかのような美しさでした!!

 

そんなアトランティスに対抗するように描かれるのが、美しいシチリアの街並みアトランティスを知らない先生と、陸を知らないメラさんの価値観や心の変化を、土地との触れ合いで描いていました!!

f:id:AmeComiHighschool:20190212162902j:image

ブラックマンタさんに吹き飛ばされるシチリアの美しい街並み。

 

美しさだけではなく、人類に猛威を振るう海の恐ろしさを描いているのも本作の魅力でしょうか。ディザスター版『崖の上のポニョのようなド級の災害や、気色の悪い海溝のクリーチャーはビビり上がること間違いなし!

f:id:AmeComiHighschool:20190212162946j:image

海溝の生物。1匹だと可愛げあるかも?

 

 そしてなんといっても海中で繰り広げられるハイスピードバトルの応酬!!

f:id:AmeComiHighschool:20190212164923j:image

個人的な水中バトルのイメージってウルトラマンシリーズにおける水棲怪獣との戦いみたいに、いつもより水の抵抗がある分ゆったりとしているイメージだったんですが…本作はそんなイメージを覆す、ドラゴンボールのような目まぐるしいアクションを目撃してしまいました!!

 

海中だけでなく陸上でのアクションもキチンと用意されていて、女性キャラクターの美しく激しい戦いを届けてくれます!!

f:id:AmeComiHighschool:20190212164938j:image

世のソムリエから怒られるであろうメラさんのバトルをお楽しみに!!

 

f:id:AmeComiHighschool:20190212164954j:image

これら全ての見どころを指揮するのが、『ワイルド・スピード SKY MISSION』を務めたジェームズ・ワン監督!!様々なジャンルを一つにまとめ上げるその手腕には脱帽です…!!

 

シンドバッド級のスケール!!

 さて、2019年の1発目として最高のスタートを切ってくれた『アクアマン』の復習はこの辺でおしまいです!!

 

先週は『ブラックパンサー』と似てね?なーんてことをほざいていたぼくでしたが、実際観てみるとそんな懸念は一気に吹っ飛びました!!

 

それどころかどうでした?今回、他の作品を例にあげて紹介すること、多くなかったでしょうか?ぼくでこんなに例を出すことができたのですから、おそらく映画を多くご覧になる方であれば、ぼくよりたくさんの作品を思い起こすことができるでしょう!!映画を観ている分だけ楽しめる、マニア必見の作品ですね!!

 

本筋であるトライデント探しの旅も、数々の海を所狭しと駆け抜けていくロードムービー的な側面も持つ今作。んもう!!ジャンルの海鮮丼か!!(言いたいだけ)

 

そしてなんといっても、DCEUにおける新しい波を予感させる、とてつもないアツさ!!ヒーローってこうでなきゃあ!!って感じです!アメコミブームが始まってから数々の作品が公開されてきましたが、ヒーローとしての原点回帰といいますか、久々に「正しいヒーロー映画」を観たな、という気持ちになりました!!

 

海の水をも沸騰させるカッコ良さに興奮すること間違いなしです!!是非ともご覧になってくださいね!!

f:id:AmeComiHighschool:20190212170919j:image

それでは!!